ビットコイン(bitcoin)を始めるには何が必要?流れも合わせてわかりやすく解説!

ビットコイン(bitcoin)

2018/08/08

「ビットコイン(bitcoin)という名前は聞いたことがあるけれども、実際に何をどうすれば手に入れたり、取引をしたりすることが出来るのかは分からない。」という方も多いのではないかと思います。そこでこのコラムでは、実際にビットコイン(bitcoin)を始めるために準備しなければいけないものや、始め方の流れまでを、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

ビットコイン(bitcoin)とは?

ビットコイン(bitcoin)は「仮想通貨」の一種です。その基本的な設計が発表されたのは2008年、実際に誕生したのは2009年のことで、世界で初めて誕生した仮想通貨とされています。通貨そのものが存在しているわけではなく、「AさんがBさんに5BTCを送金した」、「CさんがDという店舗で商品を購入するのに3BTC支払った」というような取引記録の集合体で成り立っていて、これらの取引記録を時系列順にまとめていくことで、「Eさんが1BTCを保有している」という最新の状況が分かるようになっています。(BTCはビットコインの数量を表す単位です。)こうしたデジタルの取引記録そのものが通貨として扱われるため、日本円や米ドルのような法定通貨と異なり、通貨そのものには実態がありません。こうした特徴から「仮想通貨」という総称で表されています。ビットコイン(bitcoin)の取引記録は約10分ごとに生成される「ブロック」と呼ばれるデータの集合体にまとめられ、このブロックが時系列に沿って鎖(チェーン)状に繋げられることで全ての取引内容を記録していきます。この記録方式を「ブロックチェーン」と呼びます。「ブロックチェーン」は理論上、時系列を遡って記録内容を書き換えることが出来ません。そのため、改竄などの危険性が限りなく少なく、取引記録に対して非常に高い信頼性を確保することができます。ビットコイン(bitcoin)の取引はインターネットを通じて行われますが、その通信には「P2P」と呼ばれる通信方式を用います。P2Pによってやり取りされたビットコイン(bitcoin)の取引は、「ハッシュ関数」という演算手法を用いて取引記録の整合性を保ち、この演算の処理にネットワークに接続されている有志のコンピュータから余っている処理能力を借りるという方法で最新の取引内容を追記します。こうした通信方式や取引記録の追記方法を採用しているため、ビットコイン(bitcoin)は国家や中央銀行のような発行主体や管理団体が存在しないという特徴を持っています。

ビットコイン(bitcoin)を始めるには何が必要?

では実際にビットコイン(bitcoin)を始めるにはどんな物を用意する必要があるのでしょうか?ここからはビットコイン(bitcoin)を始める為の必需品をご紹介します。

ビットコイン(bitcoin)の入手方法は3つある

ビットコイン(bitcoin)を始めるにあたってまず必要なのは、「どうすればビットコイン(bitcoin)を入手することが出来るのか」を知っておくことです。方法は大きく分けて3つあります。それは、「貰う」、「買う」、「マイニング(採掘)する」という方法です。それでは1つずつ具体的にご紹介していきましょう。

ビットコイン(bitcoin)の入手方法① 貰う

1つ目の方法はビットコイン(bitcoin)を「貰う」です。あなた以外の誰かからビットコイン(bitcoin)を分けてもらうという方法です。先程も少しご説明したとおり、ビットコイン(bitcoin)はインターネットを通じてP2Pと呼ばれる通信方式で取引をすることが出来ます。つまり、あなたにビットコインをくれる=送金してくれる人がいて、あなたがそれを受け取ることができれば、あなたはそのビットコイン(bitcoin)を手に入れることが出来るわけです。

ビットコイン(bitcoin)の入手方法② 買う

2つ目の方法はビットコイン(bitcoin)を「買う」です。スーパーで野菜を買ったり、ドラッグストアで日用品を買うのと同じように、ビットコイン(bitcoin)を売っているところで購入するという方法です。ビットコイン(bitcoin)を買うことが出来る場所として、取引所や販売所があります。取引所や販売所を訪れ、その取引所や販売所が定めている方法に従って購入の手続きを行えば、ビットコイン(bitcoin)を入手することが出来ます。

ビットコイン(bitcoin)の入手方法③ マイニング(採掘)する

3つ目の方法はビットコイン(bitcoin)を「マイニング(採掘)する」です。先程、ビットコイン(bitcoin)はネットワークに接続されている有志のコンピュータから余っている処理能力を借りるという方法で取引内容を追記するというご説明をしましたが、この取引記録の追記をする為の演算処理に自分が所有しているコンピュータを参加させることを「マイニング(採掘)」と言います。では、「マイニング(採掘)」ではどうやってビットコイン(bitcoin)を入手することが出来るのでしょうか?実は取引記録の追記を行うために必要な「ハッシュ関数」という演算手法は、物凄く複雑な方程式に例えることが出来ます。その方程式を解くには膨大な量の値を一つひとつ当てはめて計算をするしかないのですが、この方程式の答えを最初に見つけたコンピュータに取引記録を追記する権限が与えられ、それと同時に報酬として新たなビットコイン(bitcoin)が付与されるという仕組みになっているのです。マイニングについては、「ビットコイン(bitcoin)のマイニング(採掘)とは?仕組みややり方を徹底解説」でも詳しくご紹介していますので、気になる方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

ビットコイン(bitcoin)を始めるために準備する2つのもの

では続いて、ビットコイン(bitcoin)を始めるために準備しなければならないものを2つご紹介します。

準備するもの① 取引所や販売所のアカウント

アカウント

ビットコイン(bitcoin)を始めるにあたってまず用意するのは、取引所や販売所のアカウントです。これは先程ご紹介した「買う」の際に必要なものになります。取引所や販売所にアカウントを開設することで、その取引所や販売所でビットコイン(bitcoin)を購入したり、売却することも出来るようになります。また取引所や販売所でアカウントを開設すると、その取引所や販売所の中に自分のアドレス(銀行の口座のようなもの)を持つことができ、購入したビットコイン(bitcoin)はそのアドレスに保管されることになります。入金や出金もできるようになりますから、取引所や販売所から別のアドレスにビットコイン(bitcoin)を送金したり、誰かのアドレスから取引所や販売所のアドレスに送金をしてもらうことも可能です。

準備するもの② ウォレット

ウォレット

続いて用意するのが「ウォレット」です。「ウォレット」とはビットコイン(bitcoin)を保管するための「お財布」のことを指していて、様々な形式のものがあります。このウォレットを用意しないと、取引所や販売所以外にビットコイン(bitcoin)を保管できる場所がないので、自分の手元でビットコイン(bitcoin)を保管することが出来ません。

ビットコイン(bitcoin)の始め方

ではいよいよ、実際にビットコイン(bitcoin)を始める方法をお伝えしましょう。

まずはビットコイン(bitcoin)を購入してみよう

では、ビットコイン(bitcoin)の始め方を最も一般的な「買う」という方法の流れに沿ってご説明していきます。といっても、決して難しいものではありません。先程ご説明した通り、まずは取引所や販売所のアカウントを開設します。開設の手順は取引所や販売所によって異なりますので、それぞれの説明をご参照ください。アカウントの開設が完了しましたら、早速ビットコイン(bitcoin)を購入します。購入の仕方も取引所や販売所によっていくつかありますが、日本の取引所や販売所でオーソドックスな方法は、取引所や販売所が指定する銀行口座に日本円を入金し、その金額の範囲内で購入できるビットコイン(bitcoin)を購入するというものです。例えば、あなたが取引所の指定する銀行口座に10万円を入金したとします。すると、あなたのアカウントには10万円分の日本円が反映されます。もしこの時ビットコイン(bitcoin)の価格が1BTCあたり50万円であれば、あなたは0.2BTC分のビットコイン(bitcoin)を購入することが出来るということになるのです。購入したビットコイン(bitcoin)は取引所内のあなたのアカウントに反映され、その後は出金や送金をすることが出来るようになります。

ビットコイン(bitcoin)を使ってみよう

では続いて、購入したビットコイン(bitcoin)を使用する(支払う、送金する)方法をご説明します。ビットコイン(bitcoin)は存在する限り、必ず何かしらのアドレスによって管理されています。その為、ビットコインを使用する(支払う、送金する)には、受取手のアドレスを知っていれば、そのアドレス宛にビットコインを送金することが出来るのです。このアドレスは文字情報として受け取ることはもちろん、QRコードとして読み込むといった方法でも受取ることが可能です。

ビットコイン(bitcoin)を保管しよう

取引所や販売所で購入したビットコイン(bitcoin)は、取引所や販売所のアカウントにそのまま保管しておくことも可能です。しかし、仮想通貨にはハッキングというリスクがあるため、長期間使用する予定が無いのであれば、出来る限りネットワークから切り離された場所に保管をしておくほうが安全です。こうしたネットワークから切り離されたところでビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨を管理できるウォレットを「コールドウォレット」といい、代表的なものに「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」があります。こうした安全性の高いウォレットでビットコイン(bitcoin)を保管することで、ハッキングの被害を免れ、購入したビットコインを安全に保管することが出来るのです。

ビットコイン(bitcoin)を出金しよう

先程ご説明した「コールドウォレット」でビットコイン(bitcoin)保管するためには、取引所や販売所のウォレットからビットコイン(bitcoin)を出金する必要があります。出金方法は送金と同じ要領で、ビットコイン(bitcoin)を保管するコールドウォレットのアドレス宛に、取引所や販売所のアカウントからビットコイン(bitcoin)を送金すれば大丈夫です。

ビットコイン(bitcoin)取引所・販売所の選び方とそのポイント

では、実際にビットコインの取引を行う際に使用する取引所や販売所は一体どのように選べば良いのでしょうか?ここではその選び方とポイントをご紹介します。

取引所と販売所の違い

一見すると同じように見える取引所と販売所ですが、実はこの2つには大きな違いがあるので注意しましょう。取引所は売りたい人と買いたい人の両方が複数その場に居て、それぞれが売りたい価格と買いたい価格を提示し、その金額が合致すると取引が成立する場のことを言います。一方で販売所は、一般の店舗と同じように売る人は1人しかいません。(この1人は販売所そのものを指します。)価格も販売所が決めている金額のみで、購入者側から「いくらで買いたい」という希望を出すことはできず、もし希望の価格があるのであれば、その価格になるまでじっと待つということになります。もちろん、場合によっては希望の金額よりも安く販売されることもあります。

手数料の違い

ビットコイン(bitcoin)の取引所を利用する場合、取引には手数料が掛かります。そして、この手数料の金額は取引所によって異なります。取引数量や回数が少ない人にとってはそれほど大きな金額の差にはなりませんが、取引数量や回数が多い人にとっては、取引所によって掛かる金額に差が出ますので、それぞれの取引所がどのような手数料の体系を採っているのかは事前に確認する必要があります。

取引ツールの使いやすさ

ビットコイン(bitcoin)の取引所や販売所は、それぞれに取引をするためのツールや画面の仕様が異なります。例えば価格の推移を表すチャートの表記方法、購入や売却を行う時の操作など色々と違いがありますので、それぞれの仕様を理解して、自分にとって使いやすいものを探してみてください。

ビットコイン(bitcoin)初心者が気を付けるべきポイント

最後に、これからビットコイン(bitcoin)を始める方にぜひ気をつけていただきたいポイントをお伝えしようと思います。

小さな金額からスタートして、取引に慣れよう

ビットコイン(bitcoin)をはじめとする仮想通貨は、法定通貨と比べて価格の推移がとても大きいと言われています。例えば、2017年1月初旬のビットコイン(bitcoin)の価格は1BTCあたり10〜11万円ほどでした。これが12月には最高で1BTCあたり200万円を超える金額にまで高騰しましたが、2018年2月には1BTCあたり60万円台まで下落することもありました。こうした価格推移をみると、今後もいつ大きな値動きがあるか分かりません。もちろん購入した時の価格から大きく値上がりすれば問題はありませんが、逆に大きく値下がりするという可能性もあります。こうした価格の変動に翻弄されないためには、ビットコイン(bitcoin)を小さな金額から始め、まずは取引に慣れるということが大切です。小さな金額での取引の場合、ビットコイン(bitcoin)が大きく値上がりしてもあまり利益は得られませんが、大きく値下がりをした時の損失も小さく留めることができます。まずは小さな金額でビットコイン(bitcoin)そのものや取引に慣れていき、ある程度の経験を積んでからその先の取引をどのようにしていくか決めることをおすすめします。

まとめ

ということで、今回はビットコイン(bitcoin)の始め方についてお伝えしてきました。どのような始め方をするにせよ、やはり事前に詳しく調べることがとても重要です。これからビットコイン(bitcoin)を始めたいと思っている方は、まずご自身がやってみたいと思う始め方について詳しく調べることからスタートしてみてください。