ロスカットリスクについて

信用取引・AirFXにおいて、レバレッジは掛ける倍率に比例し高いリターンを期待できますが、同時にハイリスクでもございます。
相場の値動きの激しい、高いボラティリティ(価格の変動率)の中では、自分が保有したポジションと反対の方向に価格が動いた場合、損失によって証拠金を維持し切れず、場合によってはすぐにロスカットの対象となるリスクがございます。

相場急変で証拠金を割り込む価格変動があった場合

※ロスカットとは

証拠金維持率が30%を下回った時点で、更なる損失の拡大を防ぐために、その対象ポジションを強制的に決済する制度のことをいいます。
なお、取引板の状況により証拠金以上の損失が発生する場合がございますが、そのような場合でも弊社より証拠金の追加担保請求(追証)の請求はございません。ただし、損失によりお客様のアカウント残高(日本円建て)がマイナスになった場合、新規取引や出金を行うことを可能にするためには日本円入金や他通貨売却などを行い、残高をプラスにしていただく必要がございます。

※証拠金の追加担保請求とは

一般的に、証拠金の追加担保請求とは、相場の急変等で証拠金維持率が一定以下になった場合に、一定以上の証拠金を維持するために追加で担保を預け入れることを請求するものです。
一方、Zaif Exchangeにおいては、上記「ロスカットとは」で記載のとおり、「決済時」にお客様のアカウントの残高(日本円建て)がマイナスになった場合にも、プラスにするための追加の担保預け入れを請求いたしません(弊社でいう「追証不要」)。但し、新規取引や出金を行うことを可能にするためには日本円入金や他通貨売却などを行い、残高をプラスにしていただく必要がありますこと、予めご留意ください。

信用取引について - 証拠金の追加担保請求

ハイレバレッジによる取引とロスカットリスク

信用取引とAirFXのロスカットの違い

信用取引で残高がマイナスになる可能性については上記「※ロスカットとは」の通りですが、AirFXでは全てのユーザーに対して追証を発生させない仕組みを導入しています。

信用取引の場合
EPSの場合

証拠金以上の損失が発生する可能性のあるポジションが存在すると、そのポジションに相対し含み益を保有する他のポジションから強制決済を行うことがあります。これをEPS(Early Profit Settlement)と呼びます。高いレバレッジを掛けた取引をご検討の際には、信用取引・AirFXどちらを用いられるかも含めてご検討くださいませ。

EPSについて

Zaifの信用取引とは?
AirFXについて

信用取引・AirFXの前提となる「取引」については利用規約をご参照ください。
※Zaif Exchange 利用規約 - 第9条 取引

他のリスク資産と比べ、仮想通貨は特にボラティリティが高いため、ポジションの管理には十分ご注意いただき、余剰資金の範囲内で無理のないトレードをお心がけくださいますよう、お願いいたします。